脂肪吸引 硬縮

脂肪吸引で硬縮した

脂肪吸引手術をして一週間、手術をした部分がなんだかおかしくなってしまいました。手術をしていない部分と比べて、でこぼことしているし、硬くなっているのです。

 

スポンサーリンク

これって手術が失敗したのでしょうか…不安になる気持ちもわかりますが、心配にならなくても大丈夫です。脂肪吸引をした部位を治そうとするからだの自然な反応なので、失敗ではありません。脂肪吸引手術をした後の肌を触ってみるとわかるかもしれませんが、手術を行った部分が硬くなってぼこぼこしているかと思います。この状態を「硬縮」と呼びます。

 

硬縮のしくみ

もともと脂肪のあった部分に受けたダメージを回復させようと、体内で繊維質の物質を張り巡らせるために起こります。

 

なにもしなくても半年もあれば、もともとの肌の状態に戻っていきますが、より早く肌の状態を回復するためにはマッサージやストレッチを行うことが大切になってきます。

 

硬縮している期間は、からだの動きも普段よりも鈍くなりがちになってしまうそうなので、こまめに動き回ることが大切です。よく聞かれる「脂肪吸引後のケアをしっかりと行うのが大事」というのは、硬縮してしまった肌への対策の事を指しているんですね。

スポンサーリンク