脂肪吸引 ガードル

脂肪吸引ってガードル必要なの?

脂肪吸引手術をした後に必要となるガードル。なぜガードルをしなくてはいけないのでしょうか。脂肪吸引をした後のアフターケアとして患部をガードルによって圧迫固定します。患部を固定する事で、患部にできあがった空洞部に血液がたまってできやすくなる腫れや痛みを抑え、後遺症を最小限に抑える事ができます。

 

スポンサーリンク

また、固定する事で回復が早まるように促しています。では、きつく圧迫したらすぐ治るのでは?という疑問も生じるかと思いますが、無理な締め付けは血液の流れを阻害する場合もあるので自分のからだにあうように圧迫するようにしましょう。このガードルによる圧迫固定に必要な期間は、本当に様々です。

 

ガードルの必要性

脂肪吸引をした部位、脂肪吸引をした範囲、患部の経過など、人によって異なりますので、自己判断でやめてしまうのではなく、必ず医師の指示を守って行うようにしましょう。ガードルによる圧迫以外にもアフターケアの方法はあります。

 

手術後2、3日は患部の炎症も考えられますので、アイシングをしたりするといいでしょう。また、マッサージをして血液のめぐりを良くするのも、回復の近道につながります。手術後や経過観察の時点で、医師よりアドバイスがあるかと思いますので、無理に行うのではなく、医師の指示のもとケアをしましょう。

スポンサーリンク